えつちゃんの庭

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 早朝の公園のお花と庭のバラ | トップページ | 庭の花 ラベンダー 木立ちベコニア  ばら オードリーヘップパーン ブルームーン 他 »

 6月の旅 奄美大島 名瀬 大島紬村  浜千鳥館   奄美パーク                                                                                                    けいはんひさ倉 奄美パーク  田中一村記念美術館 奄美空港  羽田空港 

           奄美大島では大型台風で被害にあわれ大変だったことと思います。

           6月に奄美大島に旅をし美しい島と優しい島の方々とのふれあいが

           3日間でしたが素敵な思い出になりました。 

           ありがとうございました。

           機会があったらまたで旅をしたくなりました。

           3日目の思い出の記です。

 

           奄美大島         3日目 6月13日

      ホテルニュー奄美~~大島紬村~~浜千鳥館(焼酎工場)~~奄美パーク~~

      奄美空港~~羽田空港

     昨日からの雨はまだ降り続け最後の奄美の観光

     今日の観光は室内の見学が多く良かったです

 

             ホテルニュー奄美 9時出発

 P6130806burogu P6130812tiextukuin_syutupatu


    

 

                                 車窓より

        ホテルより市街地を30分ほど走ると奄美らしい風景になってきました。

P6130821_syasou55burogu_4


   

P6130828_burogu

 

 

 

P6130832burogu_2

          雨は降り続く中を大島紬村に着きました。

P6130840tumugimura66

 

                                        大島 紬村

 P6131007_tumugimuraburogu  P6130834burogu55_2

   

 P6130842burogu P6130847burogu


 

 

P6130894burogu_2

 



   

P6130840tumugimura_4      

1万5千坪の敷地内の自然に囲まれた美しい花の香りと豊かな自然い囲まれた庭園の中で大島紬の行程の見学ができます。

亜熱帯植物庭園ではルリカケスやオーストンオオアカゲラなど貴重な奄美の動植物が生息し天然記念物の野鳥なども観察できる時もあるそうですが

残念ながら雨で一部だけの散策でした

園内を散策しながら大島紬の緻密な生産工程を案内してくださいます。 

       ( 大人 500円   子供 200円 )

園内では実際の製造現場見学した商品を購入もできますし

予約で大島紬を着用し庭園内を自由に散策し思い出作りもできるそうです。 (3000円)

オリジナル紬製品や特産品等も数多くありました

又島のサトウキビを使ったチョコレートの製造販売もしており人気があるそうで合う。
      
    

P6130845burogu_2


  P6130844_tumugimura55_2  P6130849burogu55_2

   

 

                                          泥田で泥染

P6130887swensyoku
        雨のなか泥田で染め職人が絹糸を染めています
   

 

P613094266butogu

  P6130853tumugimura  P6130893okama

 

P6130873burogu_44_33_22_2
   

  P6130862_sensyoku55  P6130880itokinuitosome_4


      

P6130904hataori

 

 

  P6130921burogu  P6130918burogu_2


P6130929burogu_2

 

P6130949_burogu55

            細い絹糸の1本1本の色付けは驚異です。

 

P6130951irozome
       

 

P6130952ito

 

                                          1本の糸の細さに驚きました。

P6130957buroguoto   P6130958itupon

 

P6130976kenkou66

             素敵な笑顔でお話してくださいました。

 

P613097066

                      素晴らしいい絵柄に織られていました。

   

P613097466_3

      

P6130983burogu

      大島紬の行程を見学し素晴らしさと高価さが少しは理解できました。

 

 

                 展示販売

P6131011hanbai5566

                                  雨の庭園散策

   P6130987teien


   

 P6130989 P6130993teien




     

P6131004takakura

  

 P6130995teien66 P6130998burogu P6131000takakura


 

P6130984

 

 

 

           総合観光施設館  浜千鳥館

P6131053hamatidorikan77 P6131055burogu_4

   

 

           焼酎工場見学と試飲   お買い物

 

   黒糖焼酎” 浜千鳥乃詩 ”や”高倉”を製造してい大きな酒蔵で

   美術工芸館も併設しています。P6131025burogu

   工場の方の案内で製造工程をを見学しました。

   とても綺麗で清潔感があり

  見学後は工場で造られた焼酎10種類以上が試飲できました。

 P6131020kokutoutanku55


 

 P6131030burogu55  P6131031burogu77_2


 P613104066 P6131038burogu55_2


P6131034burogu_33

 

            名酒

 P613104655 Burogu66

 数多くの賞状が飾られていました。

 高倉は6年連続でモンドセレクションで入賞している名酒だそうです。

 

                          試 飲

 P613105755 P6131059burogu55_2


       

P6131066burogu55

 

                 浜千鳥館

                  昼食   

 

          奄美大島 郷土料理 ( 鶏飯 )ひさ倉 

 

  P6131077hamatidorikan  P6131078burogu

                                ひさ倉 店 内

  鶏飯は奄美大島の郷土料理出始めていただきました。P6131074tennai6677

  錦糸卵や椎茸ほぐした鶏肉 パパイヤ漬けなどの具材とのり、

  ねぎなどをごはんにのせ、鶏から出汁をとった

  熱々のスープをたっぷりかけて食べるお茶漬けの様なお料理です。

  あっさりとしたお味です。

 ”ひさ倉 鶏飯”は昭和天皇も召し上がったそうです。

 

      昼食後降りしきる雨のなかを最後の観光地奄美パークに向かいます。

P6131067buroguburogu
        焼酎工場の入り口にあるシンボルの巨大な焼酎の瓶も

       かすんで良く見えませんでした。

 

 

            車窓より    奄美パーク  入口

P6131079amamipaku_syasouyori

 

 

 

                                          奄美パーク  奄美の郷

       奄美パークは奄美の自然や歴史 文化 産業などをわかりやすく紹介し

      映像や展示などで楽しく学べます。

      又奄美大島に移り住み奄美で生涯を終え奄をを描いた日本画家

      田中一村の作品が展示してある「田中一村記念美術館」があります。

P6131132burogu

  

             館内ではスライド鑑賞

P6131089burogu_2

 

 

 P6131084burogu55   P6131101burogu55

 

                     外は雨

P6131091rogu

    
      

 

                   園内にある田中一村記念美術館

    田中美術館は年4回入れ替えを行い80点ずつ常設展示しています。

    館の周辺には一村の絵の世界を熱帯亜熱帯の植物で

    再現した {一村の社」があります。

     残念ながら館内は撮影は禁止でした。

P6131100burogu_2

P6131099burogu

   

 

P6131094burogu5566_2

   

 

             パンフレットよりお借りしました

P8070236panfurexruto_3

   

P6131103brogu55burogu P6131111hana P6131115burogu

 

 

                 展望台

P6131106tennoudai_2
   

                   展望台より

P6131120burogu66

       

 

P6131121burogu55_3
       展望台からは地元集落はもちろんきれいな海や晴れていれば

       喜界島も見ることが出来素晴らしいいそうですが

       雨にかすみ遠くまではあまりよく見えませんでした。

P61311265566

 

        奄美パークの方々のお見送りを受けて奄美空港に向かいます。

 

 P6131137burogu55 P6131139burogu55_3

      奄美空港15時40分~~JL658直行便~~羽田17時40分

 

      東京の空はまだ少し明るく羽田空港より

      高速バスで帰路につきました。

      P6131143kousokukousoku   

 

 

               東京の夕空

 P6131145_toukyou  P6131148burogu_2






             長いお付き合いをありがとうございました。P6131056kurousagi

 

 


にほんブログ村

« 早朝の公園のお花と庭のバラ | トップページ | 庭の花 ラベンダー 木立ちベコニア  ばら オードリーヘップパーン ブルームーン 他 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

大島紬村、そんな名前の村が作られてるのですね。
月桃にも出会われたのですね。青いパパイヤも!。
泥の鉄が独特の黒を定着させる?、手抜き無しの丁寧な手仕事ですね。
鶏飯ですか。雨が多かったのはお気の毒ですが、良いご旅行でした。

えつままさん、おはようございます♪
奄美大島での3日間、素晴らしい体験が出来ましたね。
お写真を拝見していると、ここが日本かと思うほど
南国情緒が漂っていますね。
私も一度は行ってみたくなりました。
大島紬はとても高価ですが、泥染めから仕上がるまで
大変手間がかかるのですね。
小物でもけっこうなお値段がするのでしょうね。
黒糖焼酎のことは知りませんでした。
宮古島に行った時、黒糖を舐めながら泡盛を飲むと
美味しいと聞きましたが、黒糖焼酎も美味しそうですね。
郷土料理の鶏飯もヘルシーで美味しそうです。
田中一村の絵は一度見たことがありますが、
こちらにこんなに立派な美術館があるとは知りませんでした。
雨に降られたのは残念ですが、よい思い出になりましたね。

kazuyoo60さん   今晩は!
奄美大島紬村の奄美パークは南国情緒たっぷりの広大な公園ですが
雨でほんの一部だけしか見ることが出来ませんでした。
大島紬の行程は初めて見ました。
高価なだけあってできあがるまでの手作業が大変なんですね。
鶏飯は始めていただきました。
意外にあっさりとして食べやすかったです。

hiroさん    今晩は!
台風は無事通り過ぎてよかったです。
被害にあわれた地方は本当にお気のどくです

奄美大島は6月で雨にあったのは
最後の日だけで良かったです。
帰ってきた次の日から豪雨だったようです。
雨の多い島だそうですね。
大島紬村や黒糖焼酎のことは私も知りませんでした。
3日間は初めてのことが多く有意義な旅でした。
島の方たちとのお話は楽しかったです。
旅はいいですね。
鶏飯は奄美大島の名物だそうですね。
田中一村さんの奄美大島の絵は素晴らしかったです。
写真が撮れずに残念でしたが。

旅の写真はCDにしていますがなかなか見る機会がありません
忘れがちなので記録に残しておいた方が見やすいですね。
いつも見ていただいてありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早朝の公園のお花と庭のバラ | トップページ | 庭の花 ラベンダー 木立ちベコニア  ばら オードリーヘップパーン ブルームーン 他 »