えつちゃんの庭

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ村

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 7月の旅  神奈川県~山梨県 へ  7月21~22日 | トップページ | ルドベキア タカオにシジミチョウ  クレマチス ルリマツリ                                               タマサンゴ  ハイビスカス  »

7月の旅  神奈川から山梨へ  つづく                                                                          ホテル 千石   遠妙寺で三味線 ご住職の鵜飼法話                                                                                                                  笛吹川の鵜飼 花火

     

 

           ブルーベリー狩り食べ放題で満足し

           夜のイベントの為 早めのホテル入りで夕食を済ませ

           イベント会場石和笛吹川鵜飼会場に向かいます

 

                石和温泉郷   ホテル千石


                 ホテルの夕食       16時45分

P7211659yuusyoku_2

   

 P7211644burogu P7211640burogu99 P7211638burogu


    

P7211655burogu P7211649burogu P7211642burogu


   

 P7211667 P7211668houtou

 P7211643 P7211658tukemono_3 P7211647buogu_4


       早い夕食でしたが美味しくて完食です

       一休みして6時10分ハイヤに分乗しイベント会場へ

 

 

                     鵜飼山 遠妙寺

       P7211684burogu

            山梨県笛吹市にある日蓮宗の寺院

      山号は鵜飼山 謡曲鵜飼発祥の史跡としてしられ境内には

      鵜飼堂と供養塔があります。

 

P7211687burog99_2 P7211693burogu_2

 P7211688rogu_2 P7211690burogu88 P7211692burogu_2

                           

                        
     

 

            本堂で三味線と尺八 ご住職の鵜飼の法話

P7211694buroguhobdou_2 P7211702hobdou

 

 

P7211703burogu





          本堂は扇風機だけで暑かったです。

 

                   ご住職の鵜飼の法話

P72117081s_burogu

 

                   三味線と尺八

P7211704buroguburogu



   

P7211699burogu_2
           めったに聞くことのない素晴らしいい三味線でした。

  

          笛吹川に願い石の放流と鵜飼と花火の鑑賞

       笛吹川の伝統的な石和鵜飼は 「徒歩鵜」と言われ

      鵜匠が船に乗らず川を歩きながら鵜を操る日本では珍しい

      石和温泉の夏の風物詩です。

      長良川の舟からの鵜飼は以前に旅行をしみましたが

      徒歩鵜飼は初めてで身近に見る事も出来楽しかったです。

      800有余年の歴史があるそうです。

      実際に鵜匠になる 「鵜飼体験」 に参加できるそうです。

 

 

             鵜飼の川辺に向きます。

P7211714fuefukigawahe_3  P7211726urogu_2


    

P7211720ukai_2



   

P7211878burogu99_2

          河原には鵜飼を待ちわびる人達でいっぱいです。




                お経を唱えるご住職

P7211736burogu_burogu_2

 

                 願い石

 P7211739burogu_3 P7211740burogu_2


願い石をいただき 暗やみの中でご住職のお経を唱える中

一斉に闇の笛吹川に 願い石を放流しました。 

願石の放流後は花火終了まで自由見物です。

                                   笛吹川の鵜匠と鵜

 

P7211866ukai

 

 

P7211838ukaui

     お腹を空かしてているそうです。

     籠から出し準備中です。

 

P7211797burogu88

          鵜匠は鵜を操るながら次々と川中へ入っていきます。

          かがり火を照らす人と一体になつて進んでいます。

 

 

P7211786_burogu_2

 

 

 

Img_20180721_202918_2   

         鵜が魚をゲットしたときは大拍手です。

         シャッターチャンスはなかなかうまくいきません

 

 

P7211861burogu77_2

 

 

 P7211855kazuesan_2_2

 

 

P7211766burogu_2

 

 

                   鵜飼終了後は 近くに寄って写真撮影

P7211846kazuesan99       P7211843burogu_3



   

P7211830urogu

Img_20180721_204339buogu_2


       まじかで見るのは初めてです。

       子供たちも大喜びでした。

 

 

 

            鵜飼が終わり笛吹川で花火が始まりました。

            河原に座って楽しみましたが写真は良く撮れませんでっした。

                  花 火

Img_20180721_205751

 

 

P7211893hanabi_2



        

Img_20180721_20524599_2

 

 

Img_20180721_205300buogu

 

      イベントもすべて終わりハイヤーに分乗してホテルに戻りました。

      ホテルに着いたのは21時過ぎで疲れました

 

 

                                                                  鵜さんもお疲れさまでした。

                       ありがとうございましたP7211870burogu_ukai_2



にほんブログ村

« 7月の旅  神奈川県~山梨県 へ  7月21~22日 | トップページ | ルドベキア タカオにシジミチョウ  クレマチス ルリマツリ                                               タマサンゴ  ハイビスカス  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

豪華版ですね~。品数豊富で美味しそうです。天井から吊り下げられた瓔珞、こんな形のもあるのですね~。三味線と笛?、節談説法でしょうか。浪花節や講談の元になった法話と聞いています。
私のお寺では、有り難いことに、本堂も座敷も冷房も暖房もです。ガスだそうで、電気よりは安いと前に聞きました。
お腹を空かした鵜たち、可哀想に呑み込めなくて、ですね。大昔、長良川の鵜飼いに行ったことがあります。あのときも暑かったです。

えつままさん、おはようございます♪
ホテル千石の夕食、豪華でとても美味しそうですね。
私も石和温泉郷はこちらからは日帰りで行ける場所ですが、
一度だけ宿泊したことがあります。
ホテルの名前は忘れましたが、カニ食べ放題の夕食でした。
遠妙寺は行ったことがありません。
本堂で法話と三味線の演奏を聞けたのは良かったですね。
笛吹川で鵜飼をしていることは初めて知りまいた。
花火もあり、楽しい一夜でしたね。

kazuyoo60さん    今日は!
真夏の旅行はさすがに疲れます。
早めのお食事でしたが全部いただきました。
鵜飼にゆかりのある遠妙寺ではご住職の法話は
鵜飼のルーツや歴史の法話でした。
初めてで興味深かったです。
冷房のないお寺では夕暮れとはいえさすがに暑かったです。
長良川の鵜飼いはいらっしゃったんですね。
伝統ある鵜飼で私も以前に行きましたが船上からの鵜飼は迫力があり
「徒歩鵜」とは趣が違いますね。

hiroさん   今日は!
石和温泉郷はいらっしゃったんですね。
私は初めてで千石ホテルは大きなホテルでは
ありませんでしたが
家庭的な雰意気で夕食も充実していました。
朝食はまあまあでしたが・・・・・
温泉は良かったです。
鵜飼で知られている遠妙寺では鵜飼と花火に前には
三味線と尺八 住職に鵜飼法話の演奏をするそうです。
鵜飼法話は鵜飼のルーツや歴史などで初めて聞きました。
長良川の舟上の鵜飼は良く知られていますが
笛吹川の徒歩鵜は歴史のあるわりには知られていないのではないでしょうか
身近で楽しめる鵜飼でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7月の旅  神奈川県~山梨県 へ  7月21~22日 | トップページ | ルドベキア タカオにシジミチョウ  クレマチス ルリマツリ                                               タマサンゴ  ハイビスカス  »