2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ばら

えつちゃんの庭


« 房総へ日帰り①    養老渓谷栗又の滝 観音橋  | トップページ | 庭の薔薇  ラブ ほのか ブライダルティアラ ミニバラ                                                                   椿 秋山     ペチュニア »

2022年12月17日 (土)

房総へ日帰り ②二階建てトンネル 濃溝の滝 ドイツ村イルミネーション

 

Img_0094_20221213141401共栄 向山トンネル   亀岩の洞窟 ドイツ村11月17日

 

共栄 向山トンネル

千葉県夷隅郡大多喜町にあり

全長115mで、幅員は往時の馬車道幅なのですれ違いはできません

入口は普通のトンネルですが奥に入ると

新 旧 2つのトンネルになって上下に並んだ出口が見えます 



 元々の手掘りトンネルの下に新しいコンクリートのトンネルを増設、

崩落もあり現在の形となったそうです

 

共栄 向山トンネル  入口

Img_0101_20221213231001

 

 

Img_0095_20221213232401

 

 

Dsc_3780burogu

 

トンネルを抜けると

Img_0102_20221215141301

トンネルを抜けるとすぐ左側に隠れ家 川の家があり

正面に長い赤い橋があります

 

出口の共栄トンネル

Dsc_379199

 

 

                        旅館 川の家

Dsc_3782_20221215141401

川の家は養老川の川の瀬にあり こじんまりとした静かな隠れ家です

部屋からは赤い橋と養老川がとても綺麗に見えます

2015年11月幼馴染たちと宿泊し楽しいひと時を過ごした思い出の旅館です

早朝には川辺の散策をしました

お風呂は天然養老温泉の黒湯で美肌の湯として知られています

 

とても懐かしく寄ってみました

 

  共栄橋

Dsc_3784

 

 

Img_0098kawa-8-burogu

 

 

 

 

Img_0110burogu

 

亀岩の洞窟   濃溝の滝

千葉県君津市の片倉ダム上流にある清水渓流広場の中にあります

亀岩の洞窟から射し込む光が水面に反射して映し出すハート形のシルエットが

幻想的でSNSを中心に話題となり季節を問わず

多くの人が訪れるようになったそうす

 

亀岩の洞窟  濃溝の滝  15時04分

Img_0117_20221215171401

 

 

季節によって朝日が射す時間帯と角度が異なり洞窟に朝日が差し込み、

水面に反射してハートの形になる様子が幻想的に映し出されるそうですが

午後で見ることはできませんでした

以前も午後でした

 

 

Img_0115

撮影場所
Img_0120_20221215174301
    
遊歩道
Img_0121buroguImg_0123kouyou
Img_0125kouyouImg_0128burogu

亀岩の洞窟からバス停留所までの綺麗な遊歩道の散策です

 

Img_0131kouyou

 

 

Img_0136kouyou
     
Img_0107_20221215182001
     
 
Img_0204
ドイツ村へ
到着したのが少し早くまだ点灯前でした
Img_0158yuugure
ドイツ村のイルミネーシヨンを見たのは2009年の12月23日に孫たちとでかけました
初めて見るドイツ村のイルミネーションの素晴らしさに感動しました
今とは大分違いますが・・・・・
その後ツアーでも来ています
年々テーマーを変えデザインも違い華やかさがましてきました
    
16時34分
Img_0139_20221206014401
    
イルミネーション  16時51分
Img_0141yuugureImg_0142yuugurew
Img_0154_20221217104301Img_0156burogu
    
    
17時01分
Img_0210_20221217112001
光のトンネルは以前と変わっていません

Img_0223burogu
Img_0218_20221217203401
Img_0161_20221217102301
Img_0166burogu

Img_0181buroguImg_0175_20221217182601
    
Img_0182_20221217200901Img_0219burogu

Img_0189_20221217202501Img_0188burogu

Img_0198buroguImg_0199_20221217202301

      
     
 
ありがとうございましたImg_0227doitumura

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 

« 房総へ日帰り①    養老渓谷栗又の滝 観音橋  | トップページ | 庭の薔薇  ラブ ほのか ブライダルティアラ ミニバラ                                                                   椿 秋山     ペチュニア »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

手掘りのトンネルの方が趣がありますね。そしてずっと使われているのですね。2階建てのトンネル、近くには無いと思います。
養老温泉の黒湯---どんな色かなと検索したら、コーヒー色と出ました。より一層温まられましたね。
ドイツ村のイルミネーション、ほんとに素晴らしいです。趣向を凝らされて賑やかです。

お早うございます。

房総半島も、結構、高い山があって、複雑な地形なのですね。
渓谷の紅葉が、きれいですね。

こんにちは
私も行ってきましたよ・ドイツ村・・・以前よりだいぶ縮小してあるようでした
でもイルミネはとても綺麗でした~
あの2階建てのトンネル、以前養老渓谷歩きに行った時に通りましたよ~
本当に不思議なトンネルでした
亀岩の洞窟(濃溝の滝)も時間によって太陽の当たり方が川って面白いらしいのですね
写真家は朝早く行ったりするそうです

kazuyoo60さん   おはようございます
以前はただのトンネルでしたが今では観光地になってしまった様です
地元の方は最初は戸惑ったそうです
手掘りのトンネルはあまり見かけなくなりましたね
養老温泉の黒湯は初めて入ったときはびっくりしました
イルミネーションは全国で段々華やかになってきますね

mcnjさん    おはようございます
千葉県は九十九里の方は平地で山はありませんが
南房総は小高い山々もあります
養老渓谷は関東では一番遅い紅葉で観光客も多い場所ですが
コロナの影響で人もまばらでゆっくりと観賞できました

花ぐるまさん    おはようございます
ドイツ村は春のお花も綺麗です
バラ園もいいですね
2階建てのトンネルは行かれたんですね
気ずかずに通りすぎてしまうようなトンネルですが
SNSで取り上げられてから観光地になったようですね
亀岩の洞窟(濃溝の滝は朝の時間帯が良いようですので
近所に宿泊しなければ体験できませんね
ツアーでは何時も午後でした

えつままさん、おはようございます♪
懐かしいです。
今回ご紹介して下さった向山トンネルや濃溝の滝は、
私が5年前にドイツ村にクリスマスイルミネーションを
見に行った時と同じコースです。
ただ紅葉は今年の方が綺麗かもしれません。
ドイツ村の写真、綺麗に撮れましたね。
イルミネーションの数も、5年前よりずっと増えています。
そうそう、アクアラインの海ほたるからは富士山は見えませんでしたが、
ここからは遠くに小さな赤富士が見えました。
もう一度、行ってみたくなりました。

えつままさん、こんばんは。
向山トンネルのような構造を見たことがありません。
珍しいですね。
それにしても手掘りのオリジナルトンネルが
こんなにも高さがあるなんてとびっくりしました。
後年につくられた内部のバックアップトンネルが近代的姿なので
オリジナルトンネルとの対比が絵になりますねえ。

亀岩の洞窟・濃溝の滝も興味深いスポットです。
光反射によるハートを撮ってみたいですね。
色はどのようになるのでしょう。

紅葉がきれいな散策路を愉しまれましたね。
距離は如何ほどだったのでしょう。

ドイツ村のイルミネーションは人気があることでしょう。
こちらでは桑名のなばなの里が大規模なイルミネーションを
来年5月31日まで実施しており
このあたりの風物詩になっています。

hiroさん    おはようございます
向山トンネルや濃溝の滝やイツ村にクリスマスイルミネーションは
お出かけだったんですね
人気がありツアーでは毎年同じコースがあるようですね
イルミネーションも随分変わりました
ツアーでは紅葉は丁度良い時期には難しいですね
お天気に恵まれてよかったです
海ボタルは最初はびっくりしました
いつもは観光客でにぎやかですがコロナ禍で閑散としていました

赤富士が見えるのですね

Saas-Feeの風 さん    おはようございます
ずいぶん古いトンネルのようです
新しく作り直すとき手彫りの古いトンネルの一部がそのまま残ったそうです
出口と入口と2つの名前があります
手掘りのトンネルはいまではめったに見られませんね
地元の方はあまりの人気になりびっくりしたそうです
亀岩の洞窟・濃溝は光反射によるハート型の光景は早朝出ないとみることができないそうです
写真では見ていますが実際に見てみたいです
養老川に沿ってかなりの距離に紅葉が見られます
以前はずつと歩きましたが今回はツアーで時間がなく少しだけでした

なばなのイルミネーションは日本最大級で素晴らしいですね
感動したのを思い出しました  2010年の10月に行っています
10年以上も前ですので今ではもっときらびやかで綺麗でしょうね
香 嵐 渓で五色の紅葉を観賞し三蔵温泉に宿泊しました
また行ってみたいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 房総へ日帰り①    養老渓谷栗又の滝 観音橋  | トップページ | 庭の薔薇  ラブ ほのか ブライダルティアラ ミニバラ                                                                   椿 秋山     ペチュニア »